SiteNews
霊園管理局よりお知らせ
霊園BBS
参拝(投稿には無料登録下さい)
忌日カレンダー
亡くなった日のカレンダー
リンク
霊園関連のお役立ちリンク集
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
検索

ま行の方

ま行で始まる方

1: 三浦幸子(2)   2: 森光子(1)   3: 三崎千恵子(1)   4: 森繁久彌(1)   5: モラエス(1)   6: 三井高利(1)   7: 溝口健二(1)   8: 御木本幸吉(1)   9: 三好長慶(1)   10: 牧野富太郎(1)   11: 南田洋子(1)   12: 森鴎外(1)   13: 毛利元就(1)   14: 村山実(1)   15: 村田渚(1)   16: 向田邦子(1)   17: 宮脇俊三(1)   18: 宮沢賢治(1)   19: 宮城道雄(1)   20: 源頼朝(1)   21: 水上勉(1)   22: 南方熊楠(1)   23: 溝口健二(1)   24: 松田優作(1)   25: 正岡子規(1)   26: 前田利家(1)   27: 宮尾すすむ(1)   28: 三波伸介(1)   29: 松田直樹(1)   30: ミヤコ蝶々(1)  

 新規投稿 | スレッド表示 | ツリー表示 | 投稿順表示 | i-mode | トップ 
(1) 2 3 4 ... 8 »

1 三浦幸子
39
管理人

39 2011-8-27 11:29:40  SITE  [返信] [編集]

三浦幸子 戒名「遍照金剛院聞香道澄大姉」

昭和11年2月5日出生
平成21年8月10日逝去

墓所:東京都大田区南馬込1-16-2 本寿院



本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
2 Re: 三浦幸子
39
管理人

三浦尊明 2015-8-30 15:19:18  [返信] [編集]

平成27年8月10日 早いもので7回忌となりました。

子供たちも一緒に法要しました。
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 森光子
39
管理人

39 2013-5-8 11:59:12  [返信] [編集]

戒名「惠光院放譽花雪逗留大姉」

森 光子(もり みつこ、本名:村上 美津(むらかみ みつ)、1920年(大正9年)5月9日 - 2012年(平成24年)11月10日[1])は、日本の女優、歌手。京都府京都市出身。血液型B型。
京都府立第一高等女学校(現・京都府立鴨沂高等学校)中退。日本俳優連合名誉副会長、第6代日本喜劇人協会会長、フジテレビジョン番組審議会名誉顧問[2]。国民栄誉賞受賞。栄典は従三位・勲三等・瑞宝章・紫綬褒章・文化勲章。文化功労者・東京都名誉都民・京都市市民栄誉賞・京都市名誉観光大使[3]。
俳優の嵐寛寿郎の従妹である。長らく寛寿郎の姪で1923年生まれとしていたが、1984年の紫綬褒章受章にあたって、事実を公表し、訂正している。芸名は嵐の母(伯母)から、女優の森静子と伯母の旧姓・森端にちなんで「森」、本名の美津より「光子」とつけられたことによる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E5%85%89%E5%AD%90


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 三崎千恵子
39
管理人

39 2012-2-28 13:24:39  [返信] [編集]

戒名「浄芸院真誉寿光泉恵大姉」

東京府北豊島郡西巣鴨町(現:豊島区)出身。東洋高等女学校卒。

女学校卒業後、白木屋(現在の東急百貨店)に入社。そこでコーラス部に入ったことがきっかけで、1939年には松竹演芸部に歌手として所属する。のちムーランルージュなどを経て、1954年、劇団民藝に入団。『アンネの日記』などの舞台に出演し、新藤兼人監督の『どぶ』で映画にもデビュー。1967年の退団後は、テレビ・映画で活躍する。俳優の宮阪将嘉と結婚している。

1969年から始まった映画『男はつらいよ』シリーズでは、車寅次郎のおば(車つね)役として全48作に出演。庶民的なほのぼのとした演技で親しまれていた。また、「渡る世間は鬼ばかり」では小料理屋の女将さん塚田咲枝役で親しまれ、岡倉大吉(藤岡琢也)が脱サラをして板前の見習いから修行して小料理屋を出店するまでに至ったきっかけを作った人物としても知られている。

共演者の山岡久乃からは「一緒に老人ホームに入らないか?」と誘いを受けた仲だと言われている。また、2000年の映画「川の流れのように」で共演した森光子とは、誕生日が3, 4ヶ月ぐらいの違いだと日本テレビ「いつみても波乱万丈」にゲスト出演した際に明かしている。

2002年にNHK総合で放送された「抱きしめたい」に出演以降は10年近く引退に近い状態が続いていたが、2011年の映画「ムーランルージュの青春」に車いす姿で出演しており、これが生涯最後の仕事となった。

2012年2月13日19時15分、老衰により神奈川県鎌倉市の病院で逝去[1]。90歳歿。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%B4%8E%E5%8D%83%E6%81%B5%E5%AD%90


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 森繁久彌
39
管理人

39 2011-10-7 12:23:25  [返信] [編集]

戒名「慈願院釋浄海」

旧制第二高校教員、日本銀行、大阪市庁(現・大阪市役所)、大阪電燈等の重役職を経て後に実業家となった父・菅沼達吉(1858年 - 1915年)と大きな海産物問屋の娘であった母・馬詰愛江との間に出来た3人兄弟の末っ子。久彌という名前は、父が大実業家・岩崎久彌と深い親交を持っていたことに由来する。江戸時代には江戸の大目付だった名門の出身だった。しかし久彌が2歳の時、父が死去。母方の実家も色々と子細、経緯等があって7歳の時に母方の祖父の姓を継いで「馬詰」姓から「森繁」姓となった。長男・弘(1907年 - 1940年代頃)は馬詰家を継ぎ、次男・俊哉(1910年頃 - 1982年)はそのまま菅沼家を継ぎ三男・久彌は森繁家を継ぎ名字も「森繁」となる。戸籍上の養父は南海電鉄の鉄道技師であった森繁平三郎である。幕末の奥儒者・成島柳北は大叔父にあたる。父・菅沼達吉は大目付・森泰次郎の次男であり、菅沼家の養子となった。泰次郎と成島は松本家の出身の兄弟であり(泰次郎が兄)、それぞれ森家、成島家の養子となっている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E7%B9%81%E4%B9%85%E5%BD%8C


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 モラエス
39
管理人

39 2011-10-5 11:24:02  [返信] [編集]

戒名「藻光院扁窓文献大居士」

1854年にポルトガルの首都リスボンに生まれる。海軍学校を卒業後、ポルトガル海軍士官として奉職。1889年に初来日。マカオ港務局副司令を経て、外交官となる。1899年に日本に初めてポルトガル領事館が開設されると在神戸副領事として赴任、のち総領事となり、1913年まで勤める。

モラエスは1902年から1913年まで、ポルト市の著名な新聞「コメルシオ・ド・ポルト(ポルト商業新聞)」に当時の日本の政治外交から文芸まで細かく紹介しており、それらを集録した書籍『Cartas do Japão(日本通信)』全6冊が刊行された。

神戸在勤中に芸者おヨネ(本名は福本ヨネ)と出会い、ともに暮らすようになる。1912年にヨネが死没すると、翌1913年に職を辞し引退。ヨネの故郷である徳島市に移住した。ヨネの姪である斎藤コハルと暮らすが、コハルにも先立たれる。徳島での生活は必ずしも楽ではなく、スパイの嫌疑をかけられたり、「西洋乞食」とさげすまれることもあったという。1929年、徳島市で孤独の内に没した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%A9%E3%82%A8%E3%82%B9

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/01-45.html


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

 新規投稿 | スレッド表示 | ツリー表示 | 投稿順表示 | i-mode | トップ 
(1) 2 3 4 ... 8 »

BluesBB ©Sting_Band