SiteNews
霊園管理局よりお知らせ
霊園BBS
参拝(投稿には無料登録下さい)
忌日カレンダー
亡くなった日のカレンダー
リンク
霊園関連のお役立ちリンク集
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
検索

た行の方

たで始まる方

1: 高木 祐芳(1)   2: 太平シロ−(1)   3: 団鬼六(1)   4: 立川談志(1)   5: 隆の里(1)   6: 田代雄哉(1)   7: 徳川秀忠(1)   8: 東条英機(1)   9: 桃中軒雲右衛門(1)   10: 長宗我部元親(1)   11: 田村俊子(1)   12: 武田信清(1)   13: 高山樗牛(1)   14: 高田屋嘉兵衛(1)   15: 高橋お伝(1)   16: 竹久夢二(1)   17: 初代 竹本義太夫(1)   18: 豊田佐吉(1)   19: 唐人お吉(1)   20: 東郷青児(1)   21: 東京ぼん太(1)   22: デイヴ平尾(1)   23: 筑紫哲也(1)   24: 丹下キヨ子(1)   25: 團伊玖磨(1)   26: 谷崎潤一郎(1)   27: 谷幹一(1)   28: 田中絹代(1)   29: 伊達政宗(1)   30: 太宰治(1)  

 新規投稿 | スレッド表示 | ツリー表示 | 投稿順表示 | i-mode | トップ 
« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 10 »

1 竹久夢二
39
管理人

39 2011-10-4 11:13:07  [返信] [編集]

戒名「竹久亭夢生楽園居士」

数多くの美人画を残しており、その抒情的な作品は「夢二式美人」と呼ばれ、大正浪漫を代表する画家で、「大正の浮世絵師」などと呼ばれたこともある。また、児童雑誌や詩文の挿絵も描いた。文筆の分野でも、詩、歌謡、童話など創作しており、なかでも、詩『宵待草』には曲が付けられて大衆歌として受け、全国的な愛唱曲となった。また、多くの書籍の装幀、広告宣伝物、日用雑貨のほか、浴衣などのデザインも手がけており、日本の近代グラフィック・デザインの草分けのひとりともいえる。

彼自身の独特な美意識による「夢二式美人画」と呼ばれる作品の多くは、日本画の技法で描かれ(軸物や屏風仕立てで遺る)、また、洋画(キャンバスに油彩)技法による女性像や風景画ものこされている。好んでさまざまな表現形式を試みたが、むしろ、それらは後世になってから評価されたもので、当時の時点においては、印刷された書籍の表紙や広告美術などが多くの目に触れ、大衆人気というかたちで脚光を浴びたのであった。一時は中央画壇への憧れもあったようだが受け入れられず、終生、野にあって新しい美術のあり方を模索した。

世の動きとしてみた場合、当時の画壇ではさまざまな芸術思潮が交錯し、ある意味で胎動期の不定のさなかである。都市における大衆文化の開花による消費生活の拡大を背景とした、新しい応用美術としてのデザインというものの黎明の時代であり、夢二もこれに着目した。生涯の後期にいたっては、彼の図案家としての才能の実績において、生活と結びついた美術を目指し、あるいは産業と融合すべきとの理念を持ち、むしろ積極的に、商業美術(のちにいわれるグラフィック・デザイン)の概念を描いていたようである。榛名山産業美術研究所の構想や、先進欧米視察への野望がこのことを裏付けている。

画集・詩文集・童話は21世紀に入ってもさまざまな装丁で刊行されている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E4%B9%85%E5%A4%A2%E4%BA%8C

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/03-84.html


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 初代 竹本義太夫
39
管理人

39 2011-10-4 11:08:31  [返信] [編集]

戒名「釋道喜」

初代竹本 義太夫(たけもと ぎだゆう、慶安4年(1651年) - 正徳4年9月10日(1714年10月18日))は、江戸時代の浄瑠璃太夫。浄瑠璃の義太夫節の創始者である。初期には清水理太夫と名乗る。本名五郎兵衛。

摂津国(大坂)に生まれる。農家の出身。貞享元年 (1684)、大坂道頓堀に竹本座を開設し、1683年に刊行された近松門左衛門・作の『世継曽我』を上演した。翌年より近松門左衛門と組み、多くの人形浄瑠璃を手掛けた。

近松が竹本座のために書きおろした最初の作品は『出世景清』。この作品より前のものを古浄瑠璃、以後のものを当流浄瑠璃と呼んで区別するほどの強い影響を浄瑠璃に与えた。

元禄14年 (1701) に受領し筑後掾と称す。同16年には近松の『曽根崎心中』が好評となって竹本座経営が安定し、座元を引退して竹田出雲に引き継ぐ。正徳4年に死去、享年63。

墓所は大阪市天王寺区の超願寺。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E6%9C%AC%E7%BE%A9%E5%A4%AA%E5%A4%AB

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/06-45.html


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 豊田佐吉
39
管理人

39 2011-9-3 16:21:24  [返信] [編集]

戒名「顕本院殿行徳圓大居士」

慶応3年(1867年)2月14日 - 遠江国敷知郡山口村(現・静岡県湖西市)の貧しい農家兼大工[1]の家に生まれた。
佐吉は小学校を卒業した後、父伊吉のあとを継いで大工の修業を始めたが、十八歳のころ、「教育も金もない自分は、発明で社会に役立とう」と決心し、手近な機織機の改良を始めた[2]
明治23年(1890年)11月 - 「豊田式木製人力織機」を発明。
明治30年(1897年) - 「豊田式木製動力織機」を発明。
明治32年(1899年) - 井桁(いげた)商会設立。
明治39年(1906年)12月 - 豊田式織機会社創立。
明治43年(1910年)5月 - 紡織業視察のため欧米へ。
大正7年(1918年)1月 - 豊田紡織株式会社創立。
大正10年(1921年)11月 - 上海に豊田紡績廠創立。
大正13年(1924年) - 「G型無停止杼替式豊田自動織機」発明・完成。[3]
大正15年(1926年)11月 - 株式会社豊田自動織機製作所創立。
昭和5年(1930年)10月30日 - 死去。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%8A%E7%94%B0%E4%BD%90%E5%90%89



本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 唐人お吉
39
管理人

39 2011-9-3 15:46:13  [返信] [編集]

戒名「釈貞歓尼」

斎藤 きち(さいとう きち、天保12年11月10日 / グレゴリオ暦 1841年12月22日 - 1890年3月27日[1])は、幕末、明治期の伊豆国下田の芸者である。唐人お吉(とうじんおきち)の名で知られる[1]。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%8E%E8%97%A4%E3%81%8D%E3%81%A1


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 東郷青児
39
管理人

39 2011-9-3 15:43:38  [返信] [編集]

戒名「青濤院殿釈鉄真居士」

日本の洋画家。本名は東郷 鉄春。

独特のデフォルメを施され、柔らかな曲線と色調で描かれた女性像などが有名だが、通俗的過ぎるとの見方もある。後期には版画や彫刻も手掛けた。

なお、彼の画風は弟子にあたる安食一雄に受け継がれている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E9%83%B7%E9%9D%92%E5%85%90


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

 新規投稿 | スレッド表示 | ツリー表示 | 投稿順表示 | i-mode | トップ 
« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 10 »

BluesBB ©Sting_Band