SiteNews
霊園管理局よりお知らせ
霊園BBS
参拝(投稿には無料登録下さい)
忌日カレンダー
亡くなった日のカレンダー
リンク
霊園関連のお役立ちリンク集
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
検索

さ行の方

さで始まる方

1: 関孝和(1)   2: 千利休(1)   3: 鈴木大拙(1)   4: 鈴木三重吉(1)   5: 角倉了以(1)   6: 初代 實川延若(1)   7: 島村抱月(1)   8: 初代 坂田藤十郎(1)   9: 佐々成政(1)   10: 園山俊二(1)   11: 関孝和(1)   12: 鈴木ヒロミツ(1)   13: 十返舎一九(1)   14: ジャンボ鶴田(1)   15: 子母沢寛(1)   16: 島津斉彬(1)   17: 島崎藤村(1)   18: 澁澤龍彦(1)   19: 柴田練三郎(1)   20: 司馬遼太郎(1)   21: 三遊亭小円遊(1)   22: 三遊亭円朝「初代)(1)   23: 三東京伝(1)   24: 真田幸村(1)   25: 佐藤春夫(1)   26: 佐久間象山(1)   27: 坂井泉水(1)   28: 齋藤茂吉(1)   29: 西條八十(1)   30: 坂上二郎(1)  

 新規投稿 | スレッド表示 | ツリー表示 | 投稿順表示 | i-mode | トップ 
« 1 (2) 3 4 5 ... 8 »

1 初代 實川延若
39
管理人

39 2011-10-1 17:10:44  [返信] [編集]

戒名「天遊院延若日輝居士」

初代 實川 延若(しょだい じつかわ えんじゃく、新字体:実川、天保2年6月23日(1831年7月31日) - 明治18年(1885年)9月18日)は、大坂出身の歌舞伎役者。本名は天星庄八(あまぼし しょうはち)。屋号は河内屋。定紋は重ね井筒、替紋は五つ雁金。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%A6%E5%B7%9D%E5%BB%B6%E8%8B%A5_(%E5%88%9D%E4%BB%A3)

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/06-44.html


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 島村抱月
39
管理人

39 2011-10-1 17:08:29  [返信] [編集]

戒名「安祥院実相抱月居士」

島根県小国村(現浜田市)に佐々山一平の長男として生まれ、浜田町裁判所検事島村文耕の養子となる。

1894年東京専門学校(早稲田大学)卒業後、「早稲田文学」記者、1898年読売新聞社会部主任となり母校文学部講師となる。1902年から1905年まで、早稲田の海外留学生として英独留学。帰国後、早稲田大学文学部教授となり「早稲田文学」を主宰して自然主義運動のため大いに活躍する。

1906年に坪内逍遥とともに文芸協会を設立。しかし、1913年松井須磨子との恋愛が問題とされ、文芸協会を脱退。

同年、松井とともに芸術座を結成した。トルストイの小説を基に抱月が脚色した「復活」(1914年)の舞台が評判になり、各地で興行を行った。松井が歌う劇中歌「カチューシャの唄」は大ヒット曲になり、新劇の大衆化に貢献した。1918年、抱月はスペイン風邪にかかり急逝。松井は抱月の死後、芸術座の公演を続けたが、やがて抱月の後を追って自殺。芸術座も解散になった。

2004年、東京都豊島区の雑司が谷霊園と同区の浄光寺に分骨埋葬されていた遺骨が故郷の島根県金城町(現・浜田市)へ里帰りした。同霊園の墓はこれまで抱月の三女島村トシコ(東京都在住)が管理していたが、高齢のため管理が難しくなったこともあり、トシコから「遺骨を里帰りさせたい」と同町に打診があったという[1]。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E6%9D%91%E6%8A%B1%E6%9C%88

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/01-63.html


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 初代 坂田藤十郎
39
管理人

39 2011-10-1 17:00:05  [返信] [編集]

戒名「重譽一室信士」

初代 坂田 藤十郎(しょだい さかた とうじゅうろう、正保4年(1647年) - 宝永6年11月1日(1709年12月1日))は、江戸時代の歌舞伎役者。俳号は冬貞、車漣。定紋は丸に外丸。元禄の時代を代表する名優で、上方歌舞伎の始祖の一人にかぞえられる。「役者道の開山」「希代の名人」などと呼ばれた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E7%94%B0%E8%97%A4%E5%8D%81%E9%83%8E_(%E5%88%9D%E4%BB%A3)

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/06-48.html


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 佐々成政
39
管理人

39 2011-10-1 16:57:32  [返信] [編集]

戒名「成政寺殿奥州太守四品庭月道閑居士」

佐々 成政(さっさ なりまさ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・大名。尾張国出身。父は佐々成宗(盛政とも)。通称内蔵助(くらのすけ)。家紋は棕櫚。馬印は金の三階菅笠。鷹司孝子(本理院)の外祖父。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E3%80%85%E6%88%90%E6%94%BF

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/04-72.html


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 園山俊二
39
管理人

39 2011-9-2 13:50:33  [返信] [編集]

戒名「月照院梅園俊道居士」

島根県松江市外中原町生まれ[1]。島根大学教育学部附属小学校から同附属中学校を経て島根県立松江北高等学校卒業。早稲田大学商学部在学中、早稲田大学漫画研究会を創設[1]。後輩の福地泡介、東海林さだおと共に、「早大漫研三羽烏」と称され注目される。大学を卒業してからしとうきねおの世話で広告代理店に就職するも半日で辞職[2]。その後、寺田ヒロオの紹介で、新漫画党に加入。トキワ荘の漫画家たちと交流を深める。趣味はプロ雀士顔負けの強さの麻雀。

プロデビューは、「がんばれゴンベ」(1958年、毎日小学生新聞)。その後、児童もの・大人もの等の作品を多数発表。1976年、「ギャートルズ」等で第22回文藝春秋漫画賞受賞。1977年、「がんばれゴンベ」で日本漫画家協会賞特別賞受賞。

連載通算9775回まで到達した「がんばれゴンベ」および、朝日新聞で「サザエさん」完結を受けて「フジ三太郎」とともに13年間連載が続いた「ペエスケ」を、1992年7月、ぎっくり腰による入院のため中断・終了する(入院中の近況報告で描写)。翌年1月、肝不全のため死去、57歳没。

「メソメソシルナ 世の中グワンバレ」と遺書を残す。病床でペエスケ、ヒロコ、平太、ガタピシなど「ペエスケ」の主要キャラクターをひとりひとり描いて別れを告げたという。1993年1月21日付の朝日新聞朝刊に、園山の追悼特集が1ページ半で掲載された。内容は、園山が死の直前に書いた動物の絵と、大学時代から親交が深かった東海林さだおの追悼文であった。

「シッカ(しっかりと握って離さない状況を示す)」など、ユーモラスな擬音を多く用いた。また、メスのカエルに乳房を描くなどの擬人化表現が見られる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%92%E5%B1%B1%E4%BF%8A%E4%BA%8C


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

 新規投稿 | スレッド表示 | ツリー表示 | 投稿順表示 | i-mode | トップ 
« 1 (2) 3 4 5 ... 8 »

BluesBB ©Sting_Band