SiteNews
霊園管理局よりお知らせ
霊園BBS
参拝(投稿には無料登録下さい)
忌日カレンダー
亡くなった日のカレンダー
リンク
霊園関連のお役立ちリンク集
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
検索

さ行の方

さで始まる方

1: 関孝和(1)   2: 千利休(1)   3: 鈴木大拙(1)   4: 鈴木三重吉(1)   5: 角倉了以(1)   6: 初代 實川延若(1)   7: 島村抱月(1)   8: 初代 坂田藤十郎(1)   9: 佐々成政(1)   10: 園山俊二(1)   11: 関孝和(1)   12: 鈴木ヒロミツ(1)   13: 十返舎一九(1)   14: ジャンボ鶴田(1)   15: 子母沢寛(1)   16: 島津斉彬(1)   17: 島崎藤村(1)   18: 澁澤龍彦(1)   19: 柴田練三郎(1)   20: 司馬遼太郎(1)   21: 三遊亭小円遊(1)   22: 三遊亭円朝「初代)(1)   23: 三東京伝(1)   24: 真田幸村(1)   25: 佐藤春夫(1)   26: 佐久間象山(1)   27: 坂井泉水(1)   28: 齋藤茂吉(1)   29: 西條八十(1)   30: 坂上二郎(1)  

 新規投稿 | スレッド表示 | ツリー表示 | 投稿順表示 | i-mode | トップ 
« 1 ... 5 6 7 (8)

1 渋沢栄一
39
管理人

39 2011-8-28 10:08:01  [返信] [編集]

戒名「泰徳院殿仁智義譲青淵大居士」


幕末から大正初期に活躍した日本の武士(幕臣)、官僚、実業家。第一国立銀行や東京証券取引所などといった多種多様な企業の設立・経営に関わり、日本資本主義の父といわれる。

正二位勲一等子爵。雅号に青淵(せいえん)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%8B%E6%B2%A2%E6%A0%84%E4%B8%80




本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 佐藤栄作
39
管理人

39 2011-8-28 10:04:21  [返信] [編集]

戒名「作願院釈和栄」
  「周山院殿作徳繁栄大居士」

東京帝国大学卒業後、鉄道省に勤務した。鉄道総局の長官などを歴任し、運輸省の次官を最後に退官すると、非議員ながら第2次吉田内閣の内閣官房長官に任命された。その後、第24回衆議院議員総選挙にて衆議院議員に当選。民主自由党を経て自由党に参加し、一年生議員ながら自由党の幹事長に就任した。

一時無所属となるも、自由民主党に入党した。その後、内閣総理大臣を3期務めた。総理大臣在任期間は歴代総理中第2位で、連続在任期間は歴代総理中最長の7年8ヶ月。20世紀生まれ初の総理である。自由民主党史上唯一4選された総裁でもある。また、第56・57代内閣総理大臣岸信介の実弟にあたる。なお、ノーベル平和賞を受賞し、衆議院議員永年在職表彰を受彰している。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E6%A0%84%E4%BD%9C




本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 桜内義雄
39
管理人

39 2011-8-28 9:59:24  [返信] [編集]

戒名「宏達院清明義雄日顕大居士」


島根県能義郡広瀬町(現安来市)出身。幼稚舎から慶應義塾に学び、慶應義塾大学経済学部卒業、鐘紡に入社。昭和13年(1938年)応召、翌年除隊。

蔵相の父・幸雄の私設秘書となり、同時に日本電化を経営。昭和22年(1947年)東京1区で衆院議員に当選。一旦、参院に回った後、昭和27年(1952年)父の選挙区島根全県区を継承した。通産18回当選。昭和39年(1964年)通産相、昭和47年(1972年)農相、昭和52年(1977年)建設相、同年国土庁長官、昭和56年(1981年)外相などを歴任。

この間、昭和55年(1980年)の衆参同日選挙では大平正芳首相の急逝に遭うが、自民党幹事長として混乱する党内をまとめ、大勝に導いた。平成2〜5年衆院議長を務め、在任中の4年社会党議員が牛歩戦術で激しく抵抗する中、国連平和維持活動(PKO)協力法の採決にこぎつけ、同法を成立させた。スポーツ議員連盟会長、日本国際貿易促進協会会長も務めた。

平成11年(1999年)3月議員在職50年を迎え、特別表彰された[1]。中曽根元首相と行動を共にし、のち渡辺派を経て、村上・亀井派。平成12年(2000年)引退。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AB%BB%E5%86%85%E7%BE%A9%E9%9B%84


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 坂本九
39
管理人

39 2011-8-27 16:45:17  [返信] [編集]

戒名「天真院九心玄聲居士」

日本の俳優・タレント・歌手・司会者。 神奈川県川崎市川崎区出身。日本大学中学校卒業、日本大学高等学校中退。愛称は九ちゃん(きゅうちゃん)。

妻は女優・柏木由紀子。柏木との間に娘が2人いる。長女は大島花子、次女は舞坂ゆき子(本名:大島舞子)。実祖父は茨城県田伏村(現・かすみがうら市)出身の坂本金吉。また「天才サックス奏者」と言われた阿部薫は甥(姉の息子)。

以下の表記は「九」で統一する。

全世界でのレコード売上は1500万枚以上。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E6%9C%AC%E4%B9%9D

オフィシャルサイト
http://www.kyu-sakamoto.com/




本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 西郷隆盛
39
管理人

39 2011-8-27 16:41:44  [返信] [編集]

戒名「南州寺殿威徳隆盛大居士」

日本の武士(薩摩藩士)、軍人、政治家。薩摩藩の盟友、大久保利通・や長州藩の木戸孝允(桂小五郎)と並び、「維新の三傑」と称される。維新の十傑の1人でもある。

薩摩国薩摩藩の下級藩士・西郷吉兵衛隆盛の長子。名(諱)は元服時には隆永(たかなが)、のちに武雄、隆盛(たかもり)と改めた。幼名は小吉、通称は吉之介、善兵衛、吉兵衛、吉之助と順次変えた。号は南洲(なんしゅう)。隆盛は父と同名であるが、これは王政復古の章典で位階を授けられる際に親友の吉井友実が誤って父吉兵衛の名を届けたため、それ以後は父の名を名乗ったからである。一時、西郷三助・菊池源吾・大島三右衛門、大島吉之助などの変名も名乗った、本名は8代目西郷吉兵衛隆永と言う。

西郷家の初代は熊本から鹿児島に移り、鹿児島へ来てからの7代目が父・吉兵衛隆盛、8代目が吉之助隆盛である。次弟は戊辰戦争(北越戦争・新潟県長岡市)で戦死した西郷吉二郎(隆廣)、三弟は明治政府の重鎮西郷従道(通称は信吾、号は竜庵)、四弟は西南戦争で戦死した西郷小兵衛(隆雄、隆武)。大山巌(弥助)は従弟、川村純義(与十郎)も親戚である。

薩摩藩の下級武士であったが、藩主の島津斉彬の目にとまり抜擢され、当代一の開明派大名であった斉彬の身近にあって、強い影響を受けた。斉彬の急死で失脚し、奄美大島に流される。復帰するが、新藩主の実父で事実上の藩主の島津久光と折り合わず、再び、沖永良部島に流罪にあう。しかし、家老小松清廉(帯刀)や大久保の後押しで復帰し、元治元年(1864年)の禁門の変以降に活躍し、薩長同盟の成立や王政復古に成功し、戊辰戦争を巧みに主導した。江戸総攻撃を前に勝海舟らとの降伏交渉に当たり、幕府側の降伏条件を受け入れて、総攻撃を中止した(江戸無血開城)。

その後、薩摩へ帰郷したが、明治4年(1871年)に参議として新政府に復職。さらにその後には陸軍大将・近衛都督を兼務し、大久保、木戸ら岩倉使節団の外遊中には留守政府を主導した。朝鮮との国交回復問題では朝鮮開国を勧める遣韓使節として自らが朝鮮に赴くことを提案し、一旦大使に任命されたが、帰国した大久保らと対立する。明治6年(1873年)の政変で江藤新平、板垣退助らとともに下野、再び鹿児島に戻り、私学校で教育に専念する。佐賀の乱、神風連の乱、秋月の乱、萩の乱など士族の反乱が続く中で、明治10年(1877年)に私学校生徒の暴動から起こった西南戦争の指導者となるが、敗れて城山で自刃した。

位階は正三位。功により、継嗣の寅太郎に侯爵を賜る。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E9%83%B7%E9%9A%86%E7%9B%9B




本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

 新規投稿 | スレッド表示 | ツリー表示 | 投稿順表示 | i-mode | トップ 
« 1 ... 5 6 7 (8)

BluesBB ©Sting_Band