SiteNews
霊園管理局よりお知らせ
霊園BBS
参拝(投稿には無料登録下さい)
忌日カレンダー
亡くなった日のカレンダー
リンク
霊園関連のお役立ちリンク集
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
検索

か行の方

かで始まる方

1: 桑名正博(1)   2: 金子哲雄(1)   3: 久島海(1)   4: 児玉源太郎(1)   5: 小林一三(1)   6: 後藤新平(1)   7: 九条武子(1)   8: 倉田百三(1)   9: 楠木正成(1)   10: 金原明善(1)   11: 吉良上野介(1)   12: 二代目 桐竹勘十郎(1)   13: 加藤清正(1)   14: 川崎正蔵(1)   15: 河竹黙阿弥(1)   16: 賀茂真淵(1)   17: 狩野探幽(1)   18: 八代目 片岡仁左衛門(1)   19: 初代 桂文枝(1)   20: 柏戸剛(1)   21: 梶山季之(1)   22: 今東光(1)   23: 児玉誉士夫(1)   24: 越路吹雪(1)   25: 古今亭志ん正(5代目)(1)   26: 古賀政男(1)   27: 小泉八雲(1)   28: 小池聡行(1)   29: 久和ひとみ(1)   30: 黒川記章(1)  

 新規投稿 | スレッド表示 | ツリー表示 | 投稿順表示 | i-mode | トップ 
« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 11 »

1 賀茂真淵
39
管理人

39 2011-10-1 15:37:45  [返信] [編集]

戒名「玄珠院眞淵義龍居士」

賀茂真淵は1697年、伊庭村(浜松市)の賀茂明神神職である[要検証]岡部政信[注釈 1]の三男[3]として生まれた。岡部家は京都の賀茂神社の末流とされる[4]。

宝永4年[注釈 2]、杉浦国頭(すぎうらくにあきら)[2]に師事する。国頭は、江戸の国学者荷田春満の弟子[5]で、春満の姪政子[6](真子、真崎[6])を妻とし浜松で私塾を開いていた。真淵は、享保8年[7](1723年)に結婚する[注釈 3]が翌年に妻を亡くし[8]、享保10年には浜松宿本陣梅谷家に入塾する[要検証] [注釈 4]。37歳の時[要検証] [注釈 5] [注釈 6]、家を捨てて京都に移り荷田春満を師として学んだ。元文元年(1736年)に春満が死去する[9]と浜松へ戻り、梅谷家に養子を迎えると[要出典] 1738年[要検証] [注釈 7]には江戸に移り、私塾を開き国学を講じた[注釈 8] [注釈 9]。延享3年(1746年)、50歳となっていた真淵は御三卿田安徳川家の和学御用掛となって徳川宗武に仕えた[10]。

宝暦13年(1763年)、本居宣長は、伊勢神宮の旅の途中伊勢松阪の旅籠に真淵を訪れ、入門し、その夜、生涯一度限りの教えを受けた話は「松阪の一夜」として知られている。以後文通(万葉集問目)が続いたとされる。

江戸の住居跡は、賀茂真淵県居の跡として東京都中央区(日本橋久松町9先)に説明書きが立っている。また、墓は品川の東海寺大山墓地(東京都品川区北品川三丁目)にある。浜松の生家の側には「賀茂真淵記念館」(静岡県浜松市中区東伊場一丁目22-2)がある。 靖国神社の第2代宮司をつとめた賀茂水穂(かものみずほ)はその子孫といわれる

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%80%E8%8C%82%E7%9C%9F%E6%B7%B5

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/03-54.html


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 狩野探幽
39
管理人

39 2011-10-1 15:33:06  [返信] [編集]

戒名「玄徳院殿前法眼守信月道」

狩野 探幽(かのう たんゆう、慶長7年1月14日(1602年3月7日) - 延宝2年10月7日(1674年11月4日))は江戸時代の狩野派を代表する絵師である。狩野孝信の子で狩野永徳の孫にあたる。法号は探幽斎、諱は守信。早熟の天才肌の絵師である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%A9%E9%87%8E%E6%8E%A2%E5%B9%BD

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/03-82.html


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 八代目 片岡仁左衛門
39
管理人

39 2011-10-1 15:29:47  [返信] [編集]

戒名「龍頴院我乗日環信士」

八代目 片岡 仁左衛門(はちだいめ かたおか にざえもん、文化7年(1810年) - 文久3年2月16日(1863年4月3日))は江戸時代の歌舞伎役者。屋号は松嶋屋。俳名は李童・我童・芦燕。

略歴 [編集]
大坂で七代目市川團十郎の門に入り、養子となる。六代目市川新之助として子供芝居の舞台に立つ。のち團十郎から離れ、三升岩五郎と改名。二代目嵐璃寛の門に入り嵐橘次(橘次郎とも)と改名。京都の芝居で活躍中を上方劇壇の実力者七代目片岡仁左衛門に認められ、天保4年 (1833) 仁左衛門の養子となる。

この頃から片岡我當の名で京坂の舞台で若手の立役として力をつける。天保9年 (1838)、二代目片岡我童を襲名。安政元年 (1854) に江戸に下り、上方仕込の和事の芸で大人気となる。容貌が美しく、この年大坂で自殺した八代目市川團十郎に瓜二つだったことから、荒事で鳴らした市川宗家の團十郎に対して「綿入りの(穏やかな)團十郎」と渾名された。安政4年 (1857)、八代目片岡仁左衛門を襲名。江戸で座頭となる。文久2年 (1862) 秋に帰坂、同地で死去した。墓所は大阪の薬王寺と東京の池上本門寺にある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%87%E5%B2%A1%E4%BB%81%E5%B7%A6%E8%A1%9B%E9%96%80_(8%E4%BB%A3%E7%9B%AE)

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/06-37.html







本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 初代 桂文枝
39
管理人

39 2011-10-1 15:24:04  [返信] [編集]

戒名「桂壽院善譽諦心文枝居士」

初代 桂文枝(1819年 - 1874年4月2日)は、本名同じ。明治維新で戸籍ができた際に、本名も桂文枝とした。通称(あだ名)は「藤兵衛」。

近年、大阪市天王寺区の全慶院から墓碑が発見され、子孫の過去帳からも新たに出身や背景が確認された。それによると、生家は大阪市中央区心斎橋界隈にあったらしい。文献では鍛冶職人と伝わっているが、子孫には家具職人三文字屋で道具も残されている。また、掛け軸による肖像画も発見されている[1]。妻は名をサトといい、1880年6月22日に没している。

上方3代目桂文治門下とする説と、上方4代目門下とする両説があるが、あるいは3代目の死去後、4代目預かりとなったのかもしれない。1840年、笑福亭梅花の門人となり笑福亭万光(萬光)を名乗る。後、笑福亭?梅花、笑福亭?梅香を経て、4代目桂文治門下に移り初代文枝を名乗る。最初の読みは,「フミエ」であった。しかし、女と間違えられるため、「ブンシ」と読みを変えた。

上方落語中興の祖。当時流行していた唄や踊り交じりの派手な噺ではなく、素噺で評判を取った。この芸風は、2代目・3代目の文枝にも引き継がれてゆく。また、前座噺の『三十石』を大ネタに仕立て上げた。この噺を百両で質入し、その間は高座に掛けなかったため、見かねた贔屓客が質受けしたという伝説は有名である。また、あまりにも人気があったため、寄席の席亭が文枝の画像を床の間にかけて敬ったという逸話もある。

藤兵衛というあだ名は当時藤兵衛という贔屓の旦那衆がこの文枝と容貌が瓜二つだった為にそう言われる様になった。

門人には、「四天王」として知られる、初代桂文三(後の2代目桂文枝、桂文左衛門)、初代桂文之助(後の2世曽呂利新左衛門)、初代桂文團治、2代目桂文都(後の月亭文都)の他、初代桂文我、3代目桂文吾、初代桂文昇、初代桂談枝、2代目笑福亭木鶴、初代桂燕枝、3代目桂藤兵衛、軽口の笑福亭松右衛門らがいる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%82%E6%96%87%E6%9E%9D

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/06-53.html


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 柏戸剛
39
管理人

39 2011-9-2 10:02:59  [返信] [編集]

戒名「巌鏡院柏樹剛堅居士」

大相撲の力士で、第47代横綱。山形県東田川郡山添村(のちの櫛引町、現鶴岡市)出身。鶴岡市名誉市民。現役時代の体格は188cm、144kg。妻は小結櫻錦の娘。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%8F%E6%88%B8%E5%89%9B




本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

 新規投稿 | スレッド表示 | ツリー表示 | 投稿順表示 | i-mode | トップ 
« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 11 »

BluesBB ©Sting_Band