SiteNews
霊園管理局よりお知らせ
霊園BBS
参拝(投稿には無料登録下さい)
忌日カレンダー
亡くなった日のカレンダー
リンク
霊園関連のお役立ちリンク集
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
検索

か行の方

かで始まる方

1: 桑名正博(1)   2: 金子哲雄(1)   3: 久島海(1)   4: 児玉源太郎(1)   5: 小林一三(1)   6: 後藤新平(1)   7: 九条武子(1)   8: 倉田百三(1)   9: 楠木正成(1)   10: 金原明善(1)   11: 吉良上野介(1)   12: 二代目 桐竹勘十郎(1)   13: 加藤清正(1)   14: 川崎正蔵(1)   15: 河竹黙阿弥(1)   16: 賀茂真淵(1)   17: 狩野探幽(1)   18: 八代目 片岡仁左衛門(1)   19: 初代 桂文枝(1)   20: 柏戸剛(1)   21: 梶山季之(1)   22: 今東光(1)   23: 児玉誉士夫(1)   24: 越路吹雪(1)   25: 古今亭志ん正(5代目)(1)   26: 古賀政男(1)   27: 小泉八雲(1)   28: 小池聡行(1)   29: 久和ひとみ(1)   30: 黒川記章(1)  

 新規投稿 | スレッド表示 | ツリー表示 | 投稿順表示 | i-mode | トップ 
« 1 2 (3) 4 5 6 ... 11 »

1 吉良上野介
39
管理人

39 2011-10-1 16:06:40  [返信] [編集]

戒名「霊性寺殿実山相公大居士」

吉良 義央(きら よしひさ)は、江戸時代前期の高家肝煎。元禄赤穂事件の一方の当事者であり、同事件に題材をとった創作作品『忠臣蔵』では敵役として描かれる。幼名は三郎、通称は左近。従四位上左近衛権少将、上野介(こうずけのすけ)。吉良上野介と呼ばれることが多い。本姓は源氏(清和源氏)。家紋は丸に二つ引・五三桐。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E8%89%AF%E7%BE%A9%E5%A4%AE

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/05-8.html


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 二代目 桐竹勘十郎
39
管理人

39 2011-10-1 15:58:20  [返信] [編集]

戒名「文楽院豊譽桐竹勘十居士」

2代目
(1920年1月5日 - 1986年8月14日)

佐賀県唐津市に生まれる。本名・宮永豊。1932年、高校卒業後2代目桐竹紋十郎に入門し桐竹紋昇を名乗る。1933年に初舞台。立ち役の人形遣いとして荒物に優れた。1951年、2代目勘十郎を襲名。1978年、国立劇場優秀賞を受賞。1982年、重要無形文化財保持者に認定される(人間国宝)。娘は女優の三林京子(落語家として3代目桂すずめ)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%90%E7%AB%B9%E5%8B%98%E5%8D%81%E9%83%8E

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/06-43.html




本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 加藤清正
39
管理人

39 2011-10-1 15:49:57  [返信] [編集]

戒名「浄池院殿永運日乗大居士」

加藤 清正(かとう きよまさ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将・大名。肥後国熊本藩初代藩主。

豊臣秀吉の子飼いの家臣で、賤ヶ岳の七本槍の一人である。その後も各地を転戦して武功を挙げ、肥後北半国を与えられた。秀吉没後は徳川氏の家臣となり、関ヶ原の戦いの働きによって肥後国一国を与えられ、熊本藩主となった。明治43年(1910年)に従三位を追贈されている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E6%B8%85%E6%AD%A3

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/04-22.html



本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 川崎正蔵
39
管理人

39 2011-10-1 15:44:32  [返信] [編集]

戒名「徳光院殿豁堂恵然大居士」

薩摩国鹿児島城下大黒町(鹿児島県鹿児島市)生まれ。17歳の時長崎に出て貿易に従事、藩命によって金・米を扱った。鹿児島町吏、さらに大坂の蔵屋敷用達を命ぜられたが、貿易に着目して藩庁を説き、西洋型帆船数隻を購入して薩摩国産物を畿内に輸送、巨利を博した。明治4年(1871年)上京し、明治6年(1873年)帝国郵便汽船会社副社長となり、東京、琉球間の郵便航路開始に尽力した。同社は明治11年(1878年)に三菱汽船会社と合併する。明治10年(1877年)大阪に官糖取扱店を開き、また琉球反物の運送販売により巨利を得て、念願であった造船業を開始。明治11年(1878年)築地造船所、明治13年(1880年)兵庫川崎造船所を開業、明治19年(1886年)には官営兵庫造船所の払い下げを受けて、明治20年(1887年)川崎造船所(現・川崎重工業)を設立。明治29年(1896年)川崎造船所を株式に改組し、顧問に退いた。事実上、後継者がいなかった正蔵は、同郷の先輩であり自分の事業の恩人でもあった松方正義の三男・松方幸次郎を後継者に選ぶ。一方、明治23年(1890年)に多額納税貴族院議員、明治31年(1898年)「神戸新聞」を創刊、明治38年(1905年)神戸川崎銀行を開設、監督に就任した。また美術品の収集でも知られ、神戸の自邸内に美術館をつくり、長春閣と名付けた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E5%B4%8E%E6%AD%A3%E8%94%B5

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/02-22.html



本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 河竹黙阿弥
39
管理人

39 2011-10-1 15:40:31  [返信] [編集]

戒名「釈黙阿居士(二世河竹新七)」

河竹 黙阿弥(かわたけ もくあみ、文化13年2月3日(1816年3月1日) - 明治26年(1893年)1月22日は、江戸時代幕末から明治にかけて活躍した歌舞伎狂言作者。本名は吉村 芳三郎(よしむら よしさぶろう)。俳名は其水。別名に古河 黙阿弥(ふるかわ もくあみ)。江戸日本橋生まれ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E7%AB%B9%E9%BB%99%E9%98%BF%E5%BC%A5

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/01-43.html


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

 新規投稿 | スレッド表示 | ツリー表示 | 投稿順表示 | i-mode | トップ 
« 1 2 (3) 4 5 6 ... 11 »

BluesBB ©Sting_Band