SiteNews
霊園管理局よりお知らせ
霊園BBS
参拝(投稿には無料登録下さい)
忌日カレンダー
亡くなった日のカレンダー
リンク
霊園関連のお役立ちリンク集
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
検索

か行の方

かで始まる方

1: 桑名正博(1)   2: 金子哲雄(1)   3: 久島海(1)   4: 児玉源太郎(1)   5: 小林一三(1)   6: 後藤新平(1)   7: 九条武子(1)   8: 倉田百三(1)   9: 楠木正成(1)   10: 金原明善(1)   11: 吉良上野介(1)   12: 二代目 桐竹勘十郎(1)   13: 加藤清正(1)   14: 川崎正蔵(1)   15: 河竹黙阿弥(1)   16: 賀茂真淵(1)   17: 狩野探幽(1)   18: 八代目 片岡仁左衛門(1)   19: 初代 桂文枝(1)   20: 柏戸剛(1)   21: 梶山季之(1)   22: 今東光(1)   23: 児玉誉士夫(1)   24: 越路吹雪(1)   25: 古今亭志ん正(5代目)(1)   26: 古賀政男(1)   27: 小泉八雲(1)   28: 小池聡行(1)   29: 久和ひとみ(1)   30: 黒川記章(1)  

 新規投稿 | スレッド表示 | ツリー表示 | 投稿順表示 | i-mode | トップ 
(1) 2 3 »

桑名正博
39
管理人

39 2013-5-8 11:55:36  [返信] [編集]

戒名「明月院釋響流」

名 正博(くわな まさひろ、旧芸名・桑名 将大、斌 正博 1953年(昭和28年)8月7日 - 2012年(平成24年)10月26日)は、ミュージシャン・俳優、実業家。血液型はA型。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%91%E5%90%8D%E6%AD%A3%E5%8D%9A


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
金子哲雄
39
管理人

39 2013-5-8 11:53:22  [返信] [編集]

戒名「慈雲院殿應救哲心居士」

金子 哲雄(かねこ てつお、1971年(昭和46年)4月30日 - 2012年(平成24年)10月2日)は、日本の流通ジャーナリスト、プライスアナリスト、中小企業診断士(経済産業大臣登録)。各種メディアに登場する際には、肩書きを「流通ジャーナリスト」に統一していた。マネージメント事務所は株式会社オフィス・トゥー・ワン。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%AD%90%E5%93%B2%E9%9B%84



本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
久島海
39
管理人

39 2012-2-28 13:20:51  [返信] [編集]

戒名「誠徳院啓優太善居士」

相撲好きの父親の影響で4歳の頃から相撲を始める。新宮高校に進学した時には既に身長186cm、体重160kgという堂々たる体格で、3年連続で高校横綱、しかも3年生の時には高校生では史上初となるアマチュア横綱まで獲得し、怪物の名をほしいままにした。高卒後、角界入りに期待がかかったが、かねてから教師志望であったこともあり日本大学に進学。日大入学後も3年連続で学生横綱を獲得するなど史上最多の28個のタイトルを獲得した。当初は「プロへは行かない」と明言しており、教育職に就くかも悩み抜いた末、後に鳴り物入りで出羽海部屋に入門。1988年1月場所、『久嶋』の四股名で幕下60枚目格付出で初土俵を踏んだ。

幕下でややもたついたものの負け越し無しで1989年3月場所に十両に昇進。このとき四股名も『久島海』に改名した。同年7月場所には新入幕。アマチュア時代の実績から将来を嘱望された存在だったが、立合い、出足共に鋭さを欠き、腰高でかつ脇が甘く受け身になり易いなど、200kgを超える巨躯を活かした前に出る相撲に開花することはついになかった。そのため強引に相手を引っ張り込んで、小手に振る相撲でしか勝ちパターンを確立できず、プロ入り当時「末は横綱か大関間違いなし」と期待されるも、それどころか三役(関脇・小結)にすらも昇進を果たさずに終わることになる。特に前頭2枚目の地位で迎えた1993年3月場所では旭道山の張り手を喰らって膝を痛め途中休場の負け越し(7勝7敗1休)、三役へ昇進する大きな機会を逃してしまった。

晩年は十両に陥落していたが、それでも1998年3月場所には3回目の十両優勝を果たすなど意地を見せつけたが、特に十両陥落後、上位筆頭〜3枚目前後に在位していた1995年以降は、東筆頭で勝ち越しながら、入幕できない場所があるなど幕内下位力士の陥落者が希少であったことから、中々幕内に返り咲けなかった。また、現役最終場所の1998年9月場所では4勝11敗と大きく負け越すも、西十両5枚目で通常であれば陥落を免れるはずが、幕下上位が軒並み好成績でかつ十両下位の負け越し力士が居なかったため、翌場所の番付発表で東幕下筆頭に陥落(平成に入り十両6枚目以上で、4勝以上の成績を残しながら幕下に陥落したのは久島海だけである)して現役引退を決意するなど、番付運に恵まれなかった面もある。厳しい力士人生であったがその中でもガチンコ相撲を貫いたと言われており、八百長疑惑や八百長騒動とは徹頭徹尾無縁の人であった。

1998年11月場所前に引退し、準年寄・久島海を経て年寄・田子ノ浦を襲名。2000年1月場所後に出羽海部屋から分家独立して田子ノ浦部屋を設立し、後進の指導に当たった。2006年から死去まで勝負審判を務めた。その他、弟子を連れて各地の小学校や幼稚園への地道な訪問を続けて、相撲の普及にも努めていた[1]。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%85%E5%B3%B6%E6%B5%B7%E5%95%93%E5%A4%AA


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
児玉源太郎
39
管理人

39 2011-10-1 16:38:17  [返信] [編集]

戒名「大観院藤圓玄機居士」

児玉 源太郎(こだま げんたろう、嘉永5年閏2月25日(1852年4月14日) - 明治39年(1906年)7月23日)は、日本の武士、陸軍軍人。陸軍大将正二位勲一等功一級子爵(なお、兒玉 源太の表記もある。「兒」は印刷字体、「児」は手書き書体[1])。日露戦争において満州軍総参謀長を勤め、勝利に貢献した名将といわれている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%90%E7%8E%89%E6%BA%90%E5%A4%AA%E9%83%8E

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/04-50.html


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
小林一三
39
管理人

39 2011-10-1 16:35:20  [返信] [編集]

戒名「大仙院殿真覚逸翁大居士」

小林 一三(こばやし いちぞう、1873年(明治6年)1月3日 - 1957年(昭和32年)1月25日)は日本の実業家。阪急電鉄をはじめとする阪急東宝グループ(現・阪急阪神東宝グループ)の創業者。鉄道を起点とした都市開発、流通事業を一体的に進め相乗効果を上げる私鉄経営モデルの原型を独自に作り上げた。山梨県出身。第2次近衛内閣の商工大臣、昭和16年(1941年)から貴族院勅選議員、幣原内閣で国務大臣、初代戦災復興院総裁を歴任したが、戦後公職追放となった。号は逸翁、別号に靄渓学人、靄渓山人。旧邸雅俗山荘は逸翁美術館。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E4%B8%80%E4%B8%89

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/02-25.html


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
後藤新平
39
管理人

39 2011-10-1 16:31:06  [返信] [編集]

戒名「天真院殿祥山棲霞大居士」

後藤 新平(ごとう しんぺい、安政4年6月4日(1857年7月24日) - 昭和4年(1929年)4月13日)は明治・大正・昭和初期の医師・官僚・政治家である。

伯爵(明治39年(1906年)男爵、大正11年(1922年)子爵、昭和3年(1928年)伯爵)。位階勲等は正二位勲一等。台湾総督府民政長官。満鉄初代総裁。逓信大臣、内務大臣、外務大臣。東京市第7代市長、ボーイスカウト日本連盟初代総長。東京放送局(のちの日本放送協会)初代総裁。拓殖大学第3代学長。

計画の規模の大きさから「大風呂敷」とあだ名された、日本の植民地経営者であり、『都市計画家』である。台湾総督府民政長官、満鉄総裁を歴任し、日本の大陸進出を支え、鉄道院総裁として国内の鉄道を整備した。関東大震災後に内務大臣兼帝都復興院総裁として東京の都市復興計画を立案した(都市計画の項も参照推奨)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%8C%E8%97%A4%E6%96%B0%E5%B9%B3

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/05-46.html


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
九条武子
39
管理人

39 2011-10-1 16:27:24  [返信] [編集]

戒名「嚴淨院釋尼鏡照」

西本願寺第21代法主・明如(大谷光尊)の次女(母・藤子は光尊の側室で紀州藩士族の子女)として京都で生まれる。義姉・大谷籌子裏方(大谷光瑞夫人)を助けて仏教婦人会を創設し、1911年(明治44年)、籌子が30歳の若さで早世の際は本部長に就任、同会運営の重責を果たした。

仏教主義に基づく京都女子専門学校(現・京都女子学園、京都女子大学)を設立、1923年(大正12年)9月1日の関東大震災で自身も被災するが一命を取りとめ、全壊した築地本願寺の再建、震災による負傷者・孤児の救援活動(「あそか病院」などの設立)などさまざまな事業を推進した。

佐佐木信綱に師事し和歌にも長け歌人としても、『金鈴』『薫染』などの歌集がある。愛唱されている仏教讃歌の「聖夜」は、1927年(昭和2年)7月に出版された随筆『無憂華』の中に収められている。「聖夜」の作曲は、中山晋平(1887年 - 1952年)で、歌詞は七五調で構成され、夜空に輝く美しい数多の星のようにおわする仏たちに護られて生きていることの歓喜と安らぎが表現されている。

1928年(昭和3年)2月7日、震災復興事業での奔走の無理がたたり敗血症発症、42歳の若さで念仏のうちに往生した。宗門では、九条武子の命日を如月忌(きさらぎき)と呼んでいる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E6%9D%A1%E6%AD%A6%E5%AD%90

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/01-26.html


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
倉田百三
39
管理人

39 2011-10-1 16:23:44  [返信] [編集]

戒名「戚々院釋西行水樂居士」

広島県庄原市出身。1891年(明治24年)、呉服商の長男として生まれる。他は姉と妹ばかりで男児は百三ただ一人であった。西田天香の一灯園で深い信仰生活を送る。


広島県立三次中学校(現広島県立三次高等学校)入学、卒業。生涯の友となる香川三之助と出会う。

第一高等学校へ進む。在学中に一高の文芸部の機関誌に寄稿した論文(『愛と認識との出発』等)が一高内の自治組織による検閲の結果、不適切な単語が含まれるとの理由から鉄拳制裁が行われる事となるが、21歳で肺結核を発祥したため鉄拳制裁に耐え得る身体ではなく、死を予感して寄宿寮を脱する。一高では退寮はすなわち中退であった。

以後40余歳まで闘病生活が続く。また、神経症を患い、森田正馬の治療を受けている。病床で執筆活動を続け、『出家とその弟子』や『愛と認識との出発』など生命力みなぎる青春文学を世に送り出した。また、日蓮宗への傾倒から国家主義者の側面も持っていた。 満51歳没。法名は、戚々院釋西行水樂。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%89%E7%94%B0%E7%99%BE%E4%B8%89

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/01-37.html


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
楠木正成
39
管理人

39 2011-10-1 16:20:38  [返信] [編集]

戒名「霊光院大圓義龍卍堂」

楠木 正成(くすのき まさしげ)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将。

建武の新政の立役者として足利尊氏らと共に活躍。尊氏の反抗後は南朝側の軍の一翼を担い、湊川の戦いで尊氏の軍に破れて自害した。鎌倉幕府からは悪党と呼ばれた。明治以降は「大楠公(だいなんこう)」と称され、明治13年(1880年)には正一位を追贈された。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%A0%E6%9C%A8%E6%AD%A3%E6%88%90

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/04-66.html


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
金原明善
39
管理人

39 2011-10-1 16:18:41  [返信] [編集]

戒名「天龍院殿明善勲大居士」

金原明善(きんぱらめいぜん、天保3年6月7日(1832年7月4日) - 大正12年(1923年)1月14日)は、明治時代の実業家。遠江国長上郡安間村(現浜松市東区安間町)出身。天竜川の治水事業・北海道の開拓・植林事業など近代日本の発展に活躍した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%8E%9F%E6%98%8E%E5%96%84

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/02-7.html


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
吉良上野介
39
管理人

39 2011-10-1 16:06:40  [返信] [編集]

戒名「霊性寺殿実山相公大居士」

吉良 義央(きら よしひさ)は、江戸時代前期の高家肝煎。元禄赤穂事件の一方の当事者であり、同事件に題材をとった創作作品『忠臣蔵』では敵役として描かれる。幼名は三郎、通称は左近。従四位上左近衛権少将、上野介(こうずけのすけ)。吉良上野介と呼ばれることが多い。本姓は源氏(清和源氏)。家紋は丸に二つ引・五三桐。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E8%89%AF%E7%BE%A9%E5%A4%AE

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/05-8.html


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
二代目 桐竹勘十郎
39
管理人

39 2011-10-1 15:58:20  [返信] [編集]

戒名「文楽院豊譽桐竹勘十居士」

2代目
(1920年1月5日 - 1986年8月14日)

佐賀県唐津市に生まれる。本名・宮永豊。1932年、高校卒業後2代目桐竹紋十郎に入門し桐竹紋昇を名乗る。1933年に初舞台。立ち役の人形遣いとして荒物に優れた。1951年、2代目勘十郎を襲名。1978年、国立劇場優秀賞を受賞。1982年、重要無形文化財保持者に認定される(人間国宝)。娘は女優の三林京子(落語家として3代目桂すずめ)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%90%E7%AB%B9%E5%8B%98%E5%8D%81%E9%83%8E

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/06-43.html




本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
加藤清正
39
管理人

39 2011-10-1 15:49:57  [返信] [編集]

戒名「浄池院殿永運日乗大居士」

加藤 清正(かとう きよまさ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将・大名。肥後国熊本藩初代藩主。

豊臣秀吉の子飼いの家臣で、賤ヶ岳の七本槍の一人である。その後も各地を転戦して武功を挙げ、肥後北半国を与えられた。秀吉没後は徳川氏の家臣となり、関ヶ原の戦いの働きによって肥後国一国を与えられ、熊本藩主となった。明治43年(1910年)に従三位を追贈されている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E6%B8%85%E6%AD%A3

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/04-22.html



本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
川崎正蔵
39
管理人

39 2011-10-1 15:44:32  [返信] [編集]

戒名「徳光院殿豁堂恵然大居士」

薩摩国鹿児島城下大黒町(鹿児島県鹿児島市)生まれ。17歳の時長崎に出て貿易に従事、藩命によって金・米を扱った。鹿児島町吏、さらに大坂の蔵屋敷用達を命ぜられたが、貿易に着目して藩庁を説き、西洋型帆船数隻を購入して薩摩国産物を畿内に輸送、巨利を博した。明治4年(1871年)上京し、明治6年(1873年)帝国郵便汽船会社副社長となり、東京、琉球間の郵便航路開始に尽力した。同社は明治11年(1878年)に三菱汽船会社と合併する。明治10年(1877年)大阪に官糖取扱店を開き、また琉球反物の運送販売により巨利を得て、念願であった造船業を開始。明治11年(1878年)築地造船所、明治13年(1880年)兵庫川崎造船所を開業、明治19年(1886年)には官営兵庫造船所の払い下げを受けて、明治20年(1887年)川崎造船所(現・川崎重工業)を設立。明治29年(1896年)川崎造船所を株式に改組し、顧問に退いた。事実上、後継者がいなかった正蔵は、同郷の先輩であり自分の事業の恩人でもあった松方正義の三男・松方幸次郎を後継者に選ぶ。一方、明治23年(1890年)に多額納税貴族院議員、明治31年(1898年)「神戸新聞」を創刊、明治38年(1905年)神戸川崎銀行を開設、監督に就任した。また美術品の収集でも知られ、神戸の自邸内に美術館をつくり、長春閣と名付けた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E5%B4%8E%E6%AD%A3%E8%94%B5

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/02-22.html



本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
河竹黙阿弥
39
管理人

39 2011-10-1 15:40:31  [返信] [編集]

戒名「釈黙阿居士(二世河竹新七)」

河竹 黙阿弥(かわたけ もくあみ、文化13年2月3日(1816年3月1日) - 明治26年(1893年)1月22日は、江戸時代幕末から明治にかけて活躍した歌舞伎狂言作者。本名は吉村 芳三郎(よしむら よしさぶろう)。俳名は其水。別名に古河 黙阿弥(ふるかわ もくあみ)。江戸日本橋生まれ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E7%AB%B9%E9%BB%99%E9%98%BF%E5%BC%A5

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/01-43.html


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
賀茂真淵
39
管理人

39 2011-10-1 15:37:45  [返信] [編集]

戒名「玄珠院眞淵義龍居士」

賀茂真淵は1697年、伊庭村(浜松市)の賀茂明神神職である[要検証]岡部政信[注釈 1]の三男[3]として生まれた。岡部家は京都の賀茂神社の末流とされる[4]。

宝永4年[注釈 2]、杉浦国頭(すぎうらくにあきら)[2]に師事する。国頭は、江戸の国学者荷田春満の弟子[5]で、春満の姪政子[6](真子、真崎[6])を妻とし浜松で私塾を開いていた。真淵は、享保8年[7](1723年)に結婚する[注釈 3]が翌年に妻を亡くし[8]、享保10年には浜松宿本陣梅谷家に入塾する[要検証] [注釈 4]。37歳の時[要検証] [注釈 5] [注釈 6]、家を捨てて京都に移り荷田春満を師として学んだ。元文元年(1736年)に春満が死去する[9]と浜松へ戻り、梅谷家に養子を迎えると[要出典] 1738年[要検証] [注釈 7]には江戸に移り、私塾を開き国学を講じた[注釈 8] [注釈 9]。延享3年(1746年)、50歳となっていた真淵は御三卿田安徳川家の和学御用掛となって徳川宗武に仕えた[10]。

宝暦13年(1763年)、本居宣長は、伊勢神宮の旅の途中伊勢松阪の旅籠に真淵を訪れ、入門し、その夜、生涯一度限りの教えを受けた話は「松阪の一夜」として知られている。以後文通(万葉集問目)が続いたとされる。

江戸の住居跡は、賀茂真淵県居の跡として東京都中央区(日本橋久松町9先)に説明書きが立っている。また、墓は品川の東海寺大山墓地(東京都品川区北品川三丁目)にある。浜松の生家の側には「賀茂真淵記念館」(静岡県浜松市中区東伊場一丁目22-2)がある。 靖国神社の第2代宮司をつとめた賀茂水穂(かものみずほ)はその子孫といわれる

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%80%E8%8C%82%E7%9C%9F%E6%B7%B5

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/03-54.html


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
狩野探幽
39
管理人

39 2011-10-1 15:33:06  [返信] [編集]

戒名「玄徳院殿前法眼守信月道」

狩野 探幽(かのう たんゆう、慶長7年1月14日(1602年3月7日) - 延宝2年10月7日(1674年11月4日))は江戸時代の狩野派を代表する絵師である。狩野孝信の子で狩野永徳の孫にあたる。法号は探幽斎、諱は守信。早熟の天才肌の絵師である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%A9%E9%87%8E%E6%8E%A2%E5%B9%BD

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/03-82.html


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
八代目 片岡仁左衛門
39
管理人

39 2011-10-1 15:29:47  [返信] [編集]

戒名「龍頴院我乗日環信士」

八代目 片岡 仁左衛門(はちだいめ かたおか にざえもん、文化7年(1810年) - 文久3年2月16日(1863年4月3日))は江戸時代の歌舞伎役者。屋号は松嶋屋。俳名は李童・我童・芦燕。

略歴 [編集]
大坂で七代目市川團十郎の門に入り、養子となる。六代目市川新之助として子供芝居の舞台に立つ。のち團十郎から離れ、三升岩五郎と改名。二代目嵐璃寛の門に入り嵐橘次(橘次郎とも)と改名。京都の芝居で活躍中を上方劇壇の実力者七代目片岡仁左衛門に認められ、天保4年 (1833) 仁左衛門の養子となる。

この頃から片岡我當の名で京坂の舞台で若手の立役として力をつける。天保9年 (1838)、二代目片岡我童を襲名。安政元年 (1854) に江戸に下り、上方仕込の和事の芸で大人気となる。容貌が美しく、この年大坂で自殺した八代目市川團十郎に瓜二つだったことから、荒事で鳴らした市川宗家の團十郎に対して「綿入りの(穏やかな)團十郎」と渾名された。安政4年 (1857)、八代目片岡仁左衛門を襲名。江戸で座頭となる。文久2年 (1862) 秋に帰坂、同地で死去した。墓所は大阪の薬王寺と東京の池上本門寺にある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%87%E5%B2%A1%E4%BB%81%E5%B7%A6%E8%A1%9B%E9%96%80_(8%E4%BB%A3%E7%9B%AE)

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/06-37.html







本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
初代 桂文枝
39
管理人

39 2011-10-1 15:24:04  [返信] [編集]

戒名「桂壽院善譽諦心文枝居士」

初代 桂文枝(1819年 - 1874年4月2日)は、本名同じ。明治維新で戸籍ができた際に、本名も桂文枝とした。通称(あだ名)は「藤兵衛」。

近年、大阪市天王寺区の全慶院から墓碑が発見され、子孫の過去帳からも新たに出身や背景が確認された。それによると、生家は大阪市中央区心斎橋界隈にあったらしい。文献では鍛冶職人と伝わっているが、子孫には家具職人三文字屋で道具も残されている。また、掛け軸による肖像画も発見されている[1]。妻は名をサトといい、1880年6月22日に没している。

上方3代目桂文治門下とする説と、上方4代目門下とする両説があるが、あるいは3代目の死去後、4代目預かりとなったのかもしれない。1840年、笑福亭梅花の門人となり笑福亭万光(萬光)を名乗る。後、笑福亭?梅花、笑福亭?梅香を経て、4代目桂文治門下に移り初代文枝を名乗る。最初の読みは,「フミエ」であった。しかし、女と間違えられるため、「ブンシ」と読みを変えた。

上方落語中興の祖。当時流行していた唄や踊り交じりの派手な噺ではなく、素噺で評判を取った。この芸風は、2代目・3代目の文枝にも引き継がれてゆく。また、前座噺の『三十石』を大ネタに仕立て上げた。この噺を百両で質入し、その間は高座に掛けなかったため、見かねた贔屓客が質受けしたという伝説は有名である。また、あまりにも人気があったため、寄席の席亭が文枝の画像を床の間にかけて敬ったという逸話もある。

藤兵衛というあだ名は当時藤兵衛という贔屓の旦那衆がこの文枝と容貌が瓜二つだった為にそう言われる様になった。

門人には、「四天王」として知られる、初代桂文三(後の2代目桂文枝、桂文左衛門)、初代桂文之助(後の2世曽呂利新左衛門)、初代桂文團治、2代目桂文都(後の月亭文都)の他、初代桂文我、3代目桂文吾、初代桂文昇、初代桂談枝、2代目笑福亭木鶴、初代桂燕枝、3代目桂藤兵衛、軽口の笑福亭松右衛門らがいる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%82%E6%96%87%E6%9E%9D

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/06-53.html


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
柏戸剛
39
管理人

39 2011-9-2 10:02:59  [返信] [編集]

戒名「巌鏡院柏樹剛堅居士」

大相撲の力士で、第47代横綱。山形県東田川郡山添村(のちの櫛引町、現鶴岡市)出身。鶴岡市名誉市民。現役時代の体格は188cm、144kg。妻は小結櫻錦の娘。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%8F%E6%88%B8%E5%89%9B




本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/

 新規投稿 | スレッド表示 | ツリー表示 | 投稿順表示 | i-mode | トップ 
(1) 2 3 »

BluesBB ©Sting_Band