SiteNews
霊園管理局よりお知らせ
霊園BBS
参拝(投稿には無料登録下さい)
忌日カレンダー
亡くなった日のカレンダー
リンク
霊園関連のお役立ちリンク集
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
検索
[掲示板に戻る全部  1-  最新50
1 初代 中村富十郎
39
管理人

39 2011-10-4 13:24  [返信] [編集]

戒名「蓮華院慶子日榮」

初代 中村富十郎(しょだい なかむら とみじゅうろう、1719年(享保4年) - 1786年8月26日(天明6年8月3日))は、享保中期から天明後期に活躍した上方の歌舞伎役者。屋号は天王寺屋。定紋は鷹の羽八ツ 矢車。俳名に慶子、雅号に琴嶺舎がある。

初代芳澤あやめの三男。兄に二代目芳澤あやめ、弟に三代目芳澤あやめがいる。

初名を芳澤崎彌といった。幼児のとき初代中村新五郎の養子となり、舞踊は初代中村京十郎の、地芸は父の初代あやめの薫陶を受ける。享保14年 (1719) に色子として舞台に。同16年 (1731) には江戸へ下り中村富十郎の名で市村座を勤める。同19年 (1734) には京都の都万太夫座で座本となり、以後三都で活躍。宝暦2年 (1752) には「極上上大吉」と評され最高位、天明5年 (1785) には「古今無類の妙 大至極上上吉」「歌舞伎一道総芸頭」に置かれた。

時代物と世話物を兼ね、若女形を本領としたが、晩年には立役も勤めた。特に舞踊には天才的才能を示した。なかでも宝暦三年 (1753)三月、江戸中村座で演じた『京鹿子娘道成寺』は大当たりした所作事で、今でも歌舞伎の人気演目として繰り返し上演されている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E5%AF%8C%E5%8D%81%E9%83%8E_(%E5%88%9D%E4%BB%A3)

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/06-42.html


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
[掲示板に戻る全部 次100 最新50
BluesBB ©Sting_Band