SiteNews
霊園管理局よりお知らせ
霊園BBS
参拝(投稿には無料登録下さい)
忌日カレンダー
亡くなった日のカレンダー
リンク
霊園関連のお役立ちリンク集
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
検索
[掲示板に戻る全部  1-  最新50
1 賀茂真淵
39
管理人

39 2011-10-1 15:37  [返信] [編集]

戒名「玄珠院眞淵義龍居士」

賀茂真淵は1697年、伊庭村(浜松市)の賀茂明神神職である[要検証]岡部政信[注釈 1]の三男[3]として生まれた。岡部家は京都の賀茂神社の末流とされる[4]。

宝永4年[注釈 2]、杉浦国頭(すぎうらくにあきら)[2]に師事する。国頭は、江戸の国学者荷田春満の弟子[5]で、春満の姪政子[6](真子、真崎[6])を妻とし浜松で私塾を開いていた。真淵は、享保8年[7](1723年)に結婚する[注釈 3]が翌年に妻を亡くし[8]、享保10年には浜松宿本陣梅谷家に入塾する[要検証] [注釈 4]。37歳の時[要検証] [注釈 5] [注釈 6]、家を捨てて京都に移り荷田春満を師として学んだ。元文元年(1736年)に春満が死去する[9]と浜松へ戻り、梅谷家に養子を迎えると[要出典] 1738年[要検証] [注釈 7]には江戸に移り、私塾を開き国学を講じた[注釈 8] [注釈 9]。延享3年(1746年)、50歳となっていた真淵は御三卿田安徳川家の和学御用掛となって徳川宗武に仕えた[10]。

宝暦13年(1763年)、本居宣長は、伊勢神宮の旅の途中伊勢松阪の旅籠に真淵を訪れ、入門し、その夜、生涯一度限りの教えを受けた話は「松阪の一夜」として知られている。以後文通(万葉集問目)が続いたとされる。

江戸の住居跡は、賀茂真淵県居の跡として東京都中央区(日本橋久松町9先)に説明書きが立っている。また、墓は品川の東海寺大山墓地(東京都品川区北品川三丁目)にある。浜松の生家の側には「賀茂真淵記念館」(静岡県浜松市中区東伊場一丁目22-2)がある。 靖国神社の第2代宮司をつとめた賀茂水穂(かものみずほ)はその子孫といわれる

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%80%E8%8C%82%E7%9C%9F%E6%B7%B5

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/03-54.html


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
[掲示板に戻る全部 次100 最新50
BluesBB ©Sting_Band