SiteNews
霊園管理局よりお知らせ
霊園BBS
参拝(投稿には無料登録下さい)
忌日カレンダー
亡くなった日のカレンダー
リンク
霊園関連のお役立ちリンク集
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
検索
[掲示板に戻る全部  1-  最新50
1 尾上梅幸(六代目)
39
管理人

39 2011-9-30 12:05  [返信] [編集]

戒名「梅壽院」

尾張国名古屋に生れる。父は尾上朝次郎(三代目尾上菊五郎の孫)であるといわれるが、五代目尾上菊五郎と名古屋の芸者信濃屋貞の子で、六代目尾上菊五郎の異母兄であるとする説もある。

初代西川鯉三郎に入門して、1877年(明治10年)、名古屋の小芝居で初舞台。西川榮之助を名のる。その後、1882年(明治15年)に五代目菊五郎の養子となって尾上榮之助を名のり、女形の修行につとめる。1891年(明治24年)、名題昇進、五代目尾上榮三郎を襲名する。

1903年(明治36年)に養父五代目菊五郎が死ぬと、子の二代目尾上丑之助が六代目尾上菊五郎を、榮三郎が六代目尾上梅幸を襲名し、五代目の名跡と俳名をそれぞれ引継いだ。以後、同時代の女形を代表する役者として、五代目中村歌右衛門らとともに重きをなし、1911年(明治44年)に帝国劇場が完成すると、女形としては稀有なことに座頭格(専属技芸委員長)として迎えられた。以後、梅幸は帝劇を中心にして活躍することになる。


十五代目羽左衛門の直次郎(左)と六代目梅幸の三千歳、『雪暮夜入谷畦道』(三千歳と直侍)より

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BE%E4%B8%8A%E6%A2%85%E5%B9%B8_(6%E4%BB%A3%E7%9B%AE)

http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/06-35.html


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
[掲示板に戻る全部 次100 最新50
BluesBB ©Sting_Band