SiteNews
霊園管理局よりお知らせ
霊園BBS
参拝(投稿には無料登録下さい)
忌日カレンダー
亡くなった日のカレンダー
リンク
霊園関連のお役立ちリンク集
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
検索
[掲示板に戻る全部  1-  最新50
1 山本周五郎
39
管理人

39 2011-9-12 14:49  [返信] [編集]

戒名「恵分院周嶽文窓居士」

1903年(明治36年)山梨県北都留郡初狩村(現・山梨県大月市初狩町下初狩)にて父清水逸太郎、母とくの長男として誕生。
1907年(明治40年)初狩村が明治40年の大水害で壊滅的被害を受け、一家で北豊島郡王子町豊島(現東京都北区豊島)に転居。
1910年(明治44年)神奈川県横浜市久保町(現神奈川県横浜市西区久保町)に転居。
1916年(大正5年)横浜市立尋常西前小学校(現横浜市立西前小学校)卒業。卒業と同時に東京木挽町2丁目(現銀座2丁目)にあった質店の山本周五郎商店に徒弟として住み込む。
1923年(大正12年)徴兵検査を受け、眼力が問題となり丙種合格で免れる。同年9月1日の関東大震災によって山本周五郎商店も被災しいったん解散となる。その後豊橋、神戸に転居。
1924年(大正13年)再び上京。帝国興信所(現帝国データバンク)に入社。文書部に配属。その後帝国興信所の子会社である日本魂社に転籍。
1926年(大正15年・昭和元年)『文藝春秋』4月号に『須磨寺附近』が掲載されこれが文壇出世作となる。10月20日、脳溢血で母とく死去。
1928年(昭和3年)千葉県浦安町(現千葉県浦安市)に転居。10月日本魂社を勤務不良で解雇。
1929年(昭和4年)東京虎ノ門に転居。
1930年(昭和5年)宮城県出身の土生きよいと結婚。
1931年(昭和6年)東京馬込東に転居。空想部落と称された馬込文士村の住人となる。
1934年(昭和9年)6月26日、中風で父逸太郎死去。
1943年(昭和18年)第17回直木賞に『日本婦道記』が選ばれるが辞退。
1945年(昭和20年)3月9日東京大空襲の日に膵臓癌で妻きよい死去。
1946年(昭和21年)自宅の筋向いに住んでいた吉村きんと再婚。横浜市中区に転居。
1959年(昭和34)『樅の木は残った』が毎日出版文化賞に選ばれるが辞退する。
1961年(昭和36年)文藝春秋読者賞に『青べか物語』が選ばれるが辞退。
1967年(昭和42年)2月14日、当時仕事場として使用していた旅館間門園別棟で肝炎と心臓衰弱のため死去。享年65(63歳で死去)。墓所は神奈川県鎌倉市の鎌倉霊園。戒名恵光院周嶽文窓居士。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E5%91%A8%E4%BA%94%E9%83%8E


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
[掲示板に戻る全部 次100 最新50
BluesBB ©Sting_Band