SiteNews
霊園管理局よりお知らせ
霊園BBS
参拝(投稿には無料登録下さい)
忌日カレンダー
亡くなった日のカレンダー
リンク
霊園関連のお役立ちリンク集
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
検索
[掲示板に戻る全部  1-  最新50
1 藤岡琢也
39
管理人

39 2011-9-6 11:37  [返信] [編集]

戒名「夢藤岡琢也零位」

1930年、姫路市にて会社員の父憲一の第一子として誕生。家族は妹2人を加えて5人家族。比較的裕福な家庭に育ち、成績は優秀だった。広島陸軍幼年学校在籍時に終戦を迎え、その後、兵庫県立姫路西高等学校を卒業。1949年、関西学院大学文学部に入学するが、翌年に病気のため中退。入院中にラジオ作家の堀江史朗の弟と知り合い、退院後、芸能界入りのため堀江を頼って上京した。1957年に劇団「葦」へ入団。当初は「平凡な顔立ち」という理由で、外国ドラマ・アニメなどの声優としての活動をしていた。

1966年、NHKの人気ドラマ『事件記者』に急逝した清村耕次の後任としてレギュラー出演し、俳優として世間に広く知られるようになった。引き続きNHKのドラマ『横堀川』に出演し、主人公を慕い協力する寄席芸人ガマ口役でその演技力を認められ、第4回ギャラクシー賞を受賞した。1967年には『ケンチとすみれ』でテレビ初主演。

映画にも数多く出演し、お調子者の中間管理職、中小企業の社長等を好演した。初の主演映画は1970年の『喜劇 がんばれ日本男児』。映画では、小狡い小悪党の役も巧くこなし、単なる善良な父親だけではない幅広い役柄を演じた。1967年頃から森繁久彌主演の映画『社長シリーズ』にも数本出演し、1970年には明治座において森繁劇団10周年記念公演に出演した。1985年から、森繁主演のテレビドラマシリーズである『おやじのヒゲ』に十数年にわたってレギュラーとして出演した。森繁からは公私共に弟のように可愛がられていたという。小林桂樹とも昔から共演が多くてとても仲が良かったそうで、晩年はツーカーの携帯電話のCMで一緒に共演した。

テレビでは、大阪を舞台とした商人もの、ホームドラマ、NHK大河ドラマ、東芝日曜劇場、2時間ドラマに数多く出演した。ホームドラマでは小太りで黒縁の眼鏡とヒゲが特徴的な風貌を持ち、家に帰ると和服に着替えて一杯飲むという一時代前の典型的な父親のイメージを努めて演じた。演じる役柄によっては関西弁を強調した話し方をすることもあり、藤岡自身のキャラクターとして確立した。このタイプの俳優として1960年代の森繁久彌があげられるが、その後継者の位置を確保することになった。

1984年の橋田壽賀子脚本『大家族』出演をきっかけに、その後多くの橋田作品に出演する。1990年よりスタートした『渡る世間は鬼ばかり』に、五人姉妹の父親である岡倉大吉役で出演。高視聴率番組となったため、その後は続編で十数年に渡って大吉役を演じて晩年の代表作となった。

1969年から2004年までの35年間、サンヨー食品の「サッポロ一番味噌ラーメン」のCMに出演した。(後任は木梨憲武が務めた)

2006年2月21日、肺炎のために『渡る世間は鬼ばかり』を降板(後任は宇津井健が務めた)。同年10月20日午後3時18分、慢性腎不全のため東京都新宿区の慶應義塾大学病院で死去。76歳没。戒名は「夢藤岡琢也霊位」。

2006年10月24日、増上寺において葬儀がとりおこなわれた。会場には生前本人が好きだったジャズ音楽が流された。『渡る世間は鬼ばかり』の石井ふく子プロデューサー、岡倉家の五人姉妹(長山藍子、泉ピン子、中田喜子、野村真美、藤田朋子)やドラマの共演者が葬儀に参列している。

弟子に藤井つとむらがいた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%B2%A1%E7%90%A2%E4%B9%9F


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
[掲示板に戻る全部 次100 最新50
BluesBB ©Sting_Band