SiteNews
霊園管理局よりお知らせ
霊園BBS
参拝(投稿には無料登録下さい)
忌日カレンダー
亡くなった日のカレンダー
リンク
霊園関連のお役立ちリンク集
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
検索
[掲示板に戻る全部  1-  最新50
1 関孝和
39
管理人

39 2011-9-2 13:48  [返信] [編集]

戒名「法行院殿宗達日心大居士」

生年は寛永12年(1635年)から寛永20年(1643年)の間で諸説あり、はっきりしない。上野国藤岡(現在の群馬県藤岡市)で生まれたという説と、江戸(現在の東京都)で生まれたという説がある。実父が寛永16年に藤岡から江戸に移っているので、生年がそれ以前ならば生地は藤岡、それ以後なら生地は江戸と推測される。関の生涯については、あまり多くが伝わっていない。養子である関新七郎久之が重追放になり、家が断絶したことが理由の一つである。

若くして関家の養子となる。幼少時から吉田光由の『塵劫記』を独学し、さらに高度な数学を学ぶ。甲斐国甲府藩(山梨県甲府市)の徳川綱重・綱豊(徳川家宣)に仕え、勘定吟味役となる。綱豊が6代将軍となると直参として江戸詰めととなり、西の丸御納戸組頭に任じられた。孝和は甲府藩における国絵図(甲斐国絵図[1])作成に関わり、また改暦に備えて授時暦を深く研究して改暦の機会を窺っていたが、その後渋川春海によって貞享暦が作られ、暦学において功績を挙げることは叶わなかった。

関は和算が中国の模倣を超えて独自の発展を始めるにあたって、重要な役割を果たした。特に宋金元時代に大きく発展した天元術を深く研究し、根本的な改良を加えた。延宝2年(1674年)、『発微算法』を著し、筆算による代数の計算法(点竄術、てんざんじゅつ)を発明して、和算が高等数学として発展するための基礎をつくった。行列式や終結式の概念を、世界で最も早い時期に提案したことはよく知られる。

また、1681年頃には暦の作成にあたって円周率の近似値が必要になったため、正131072角形を使って小数第11位まで算出した[2][3]。本計算では エイトケンの加速法を用いており、世界的にみても数値的加速法の最も早い適用例の一つである(西洋でエイトケンの加速法が再発見されたのは1876年、H.von.Nägelsbachによってである[4][3]。)。ヤコブ・ベルヌーイと同時期にベルヌーイ数を発見していたことも知られている。

西洋の微分積分学の発展とは独立に、方程式の求根の際に導関数に相当するものを計算したり、求長や求積に関する業績を挙げている。これをもって、ニュートンやライプニッツよりも前に微分積分学を創始したと語られることがあるが、関が微分と積分を結びつけたという事実はなく、これは妥当な評価とはいえない[5]。

宝永5年10月24日(1708年12月5日)、病に倒れて死去した。牛込弁天町(現在の東京都新宿区)の浄輪寺に葬られている。弟子に建部賢弘、荒木村英がいる。関の死後、その学統(関流)は目覚ましく発展し、山路主住に至り免許制度などを整え、和算の圧倒的な中心勢力になる。有力な和算家はほとんどが関流に属するようになっていった。

関孝和は関流の始祖として、算聖と崇められた。明治以後、和算が数学にとって代わられた後も、日本数学史上最高の英雄的人物とされた。上毛かるたにおいて、関孝和は「和算の大家 関孝和」と詠われている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E5%AD%9D%E5%92%8C


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
[掲示板に戻る全部 次100 最新50
BluesBB ©Sting_Band