SiteNews
霊園管理局よりお知らせ
霊園BBS
参拝(投稿には無料登録下さい)
忌日カレンダー
亡くなった日のカレンダー
リンク
霊園関連のお役立ちリンク集
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
検索
[掲示板に戻る全部  1-  最新50
1 宮尾すすむ
39
管理人

39 2011-8-29 15:11  [返信] [編集]

戒名「馨光院誠徳進修居士」

旧満州(現・中国東北部)で生まれ、敗戦後は鹿児島県阿久根市へ引き揚げ、そこで青春時代を過ごす。

鹿児島県川内市(現・薩摩川内市)で洋服店を経営していたが(当時は、まだ珍しい月賦販売をしていた)、事業に失敗し倒産。その後、上京して漫談家の宮尾たか志に師事。

森進一のショーなどで歌手の司会などを務めた後、タレントとしてテレビに進出しバラエティ番組の司会やリポーターなどの仕事を中心に活躍。特にフジテレビ系『スターどっきり(秘)報告』のレポーターとして一気に名を馳せた。

登場する時、顔の前で両手を交差させて、右手の平を右アゴに乗せて「……ハイッ!」と叫びながらとる決めポーズ(母親の仕草をモチーフにしたらしい)で一躍有名になる。[2]

芸能界にデビューしてから永らく、「昭和16年(1941年)生まれ」と年齢をサバ読みしていた。これはデビュー当時、事務所の意向で「昭和ヒト桁生まれでは若々しさがない」と言われたからである。

リポーターを務めたテレビ朝日系『モーニングショー』の人気コーナー「宮尾すすむのああ日本の社長」は、日本各地の会社の社長、すなわち実業家(社長・会長などの経営者・創業者)に密着リポートする長寿シリーズとなった。

また、上記「ああ日本の社長」のセルフパロディコーナーである「宮尾すすむの社長のお嬢さん」というコーナーを、1990年から1991年にかけて放送されたバラエティ番組『GOB』(日本テレビ)で担当した。

その他、俳優としてテレビドラマや映画、テレビコマーシャルにも出演。テレビ朝日系のクイズ番組『象印クイズ ヒントでピント』の男性チーム解答者としても彼の存在を広く知られた。

1994年夏、愛妻で元全日空の客室乗務員だった山口明美が47歳で死去後、緊急入院。退院後、正式に自らの生年を1934年と公表。

長男でタレントの山口雅史は新日本プロレス、IGF実況ナビゲーターとして活動。

弟子としてお笑い・ものまねグループ「ルンルン・エクスプレス」がいたが、現在は活動していない。「ルンルン・エクスプレス」には紅一点・あい京子(現在も斉藤京子としてソロ活動中)がいた。

阿久根市で育ったこともあることから、「薩摩大使」に任命された。

晩年は病気続きだった。1992年に顎下腺腫瘍、1994年には腸捻転、2002年に腰痛や前立腺肥大の手術を受けた。2007年5月には東京都内で車を運転中に意識を失い、前の車に追突、急性硬膜下血腫と診断された。それ以来、表舞台から遠ざかり、水頭症や肺炎の検査を受けていたが、2011年6月半ばに悪性の食道ガンが見つかり、容態が次第に急変。医師からは、手の施しようがなく余命3ヶ月と宣告されていた[3]。そして同年7月12日、肺炎のため東京都内の病院で死去[1]。77歳没。戒名は「馨光院誠徳進修居士」(けいこういんせいとくしんしゅうこじ)。葬儀・告別式は東京の高野山東京別院で執り行われ、長男・雅史が喪主を務め、高橋英樹、森進一が弔辞を読んだ。祭壇には1994年に死去した妻・明美の遺影と位牌も並べられた。くしくも告別式が行われた7月18日は、妻の命日だった。告別式には他に徳光和夫、坂口征二、吉田秀彦、蝶野正洋、オスマン・サンコンら芸能・財界・スポーツ関係者やファンら250人が参列した。

2009年に長男の雅史と共に鹿児島県人会の会合で司会を務めたのが生涯最後の仕事となった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%B0%BE%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%80


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
[掲示板に戻る全部 次100 最新50
BluesBB ©Sting_Band