SiteNews
霊園管理局よりお知らせ
霊園BBS
参拝(投稿には無料登録下さい)
忌日カレンダー
亡くなった日のカレンダー
リンク
霊園関連のお役立ちリンク集
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
検索
[掲示板に戻る全部  1-  最新50
1 ミヤコ蝶々
39
管理人

39 2011-8-28 15:16  [返信] [編集]

戒名「大道院秀誉文華康成居士」

「生粋の関西人」のイメージが強いが、生まれは東京市日本橋小伝馬町。4歳のときに両親が離婚し、1924年に父親と神戸市へ移住。父はデパートで家具の販売をしながら神戸元町で自身も小さな家具屋を営んだ。父は芸事が好きで新内節を唄ったり寄席芸人を招いては宴を楽しんでいた。

1927年家具屋をたたみ、父親の思いつきで芝居一座を結成し娘を座長にさせた。九州の炭坑町の小さな劇場で安来節を唄い初舞台を踏む。その後もあらゆる芸(漫才、喜劇、女剣舞、バレエ、三味線など)を身に付ける。1942年に吉本興業入りし一座を解散、三遊亭柳枝と結婚。終戦後は柳枝劇団を旗揚げするが、柳枝の浮気が元で離婚。1947年に弟子だった鈴夫(本名・吉村朝治、のちの南都雄二)と再婚(事実婚だったという)する。

1948年「蝶々・鈴夫改め上方トンボ」として夫婦漫才コンビ結成し津市の曙座でコンビで初舞台。1949年から、秋田實の誘いを受け、大阪でラジオ番組を始めた。このとき上方トンボ改め南都雄二となる。が、当時芸能界で蔓延していたヒロポン(覚醒剤の一種)に手を出し、強度の依存症となったが治療のため入院するなどして克服。

1952年、秋田實の宝塚新芸座に参加し、大阪・道頓堀の中座を拠点に活躍。民間ラジオ放送草創期の人気番組「漫才学校」「夫婦善哉」(何れもABCラジオ)の司会などで知名度を高めた。特に1955年に始まった「夫婦善哉」はラジオからテレビへと20年の長きにわたって続く長寿番組となった。

雄二とは「おしどり夫婦」と思われていたが、内情は雄二の浮気癖で早くから家庭内は不毛であったという。1958年の「離婚」後も数年は公にせず「夫婦善哉」の司会など"夫婦コンビ"としての活動を続けたが、週刊誌等で話題になってきたことなどもあり、「夫婦善哉」の番組内で離婚していたことを告白した。離婚後はソロの女優としても活動するようになった。雄二とは公私共に付き合いは続き、1972年に雄二が糖尿病を悪化させ入院し翌73年に亡くなるまで一切の面倒を見たのは蝶々だった(雄二が、蝶々と別れた後に結婚した女性と離婚していたことや他に面倒を看る人がいなかった)。

1974年に道頓堀の中座で1ヶ月公演を実施、脚本・主演・演出の3役をこなした。 大好評であったことからその後25年間定期公演を続けるという偉業を成し遂げる。その他、名古屋などでも定期公演を行うなど舞台女優として大きく羽ばたく。その一方でタレントとしても「2時のワイドショー」での辛口コメントなどで健在ぶりを発揮していた。

1984年に紫綬褒章を、1993年勲四等宝冠章を受章。

昔から腎臓に持病があり、晩年は車椅子で移動しないといけないほど体調も悪化したが、舞台に対する思いは強く積極的に舞台に上がった。その様子はNHKスペシャルでも取り上げられ話題となった。

最期の舞台は1999年10月15日の『じゅんさいはん』(中座) 。 特別ゲストとして登場し、自身のホームグラウンドと称していた中座の閉館を惜しんだ。

2000年3月にテレビ出演したのが公式の場に出た最期となり、10月12日午後1時7分に慢性腎不全で、大阪市の病院で死去。享年80。

没後、地価約4億円といわれる大阪府箕面市の自宅を記念館として整備したいという義弟のひとりと売却を主張する他の親族とで約8年に渡って争いが続いていたが、土地の一部分割・売却で決着。改装を経て、2008年5月24日にミヤコ蝶々記念館がオープンした。

亡くなった後も関西地方では根強い人気があり、大阪府のひったくり予防キャンペーンのCMにかつての映像が登場するなど、"ナニワのオカン"として親しまれている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A4%E3%82%B3%E8%9D%B6%E3%80%85

ミヤコ蝶々記念館
http://www.chochokinenkan.ecnet.jp/


本寿院 住職 三浦尊明
http://111.or.jp/
[掲示板に戻る全部 次100 最新50
BluesBB ©Sting_Band